2018年1月17日水曜日

うさぎカレンダーとなぁ~んも考えもしなかったわたし。

年末のこと・・・・2018年の卓上カレンダーを買いに行った。
百均ショップへね。
業者からの年末のご挨拶にいただくのは、ここ最近でっかすぎて
吊るす場所もあれこれ考えてしまう。
時代は流れ、日々のスケジュールは
携帯・スマホのスケジュールへ入れている。
家人それぞれの予定の分かち合うものも同様。

予定記入できる大きなカレンダーの必要性もなくなってきたこの頃。

カレンダーも卓上で間に合う。
部屋ごとにちょっとした場所におけるし。

ということで卓上カレンダを年末に買ってきた。
あれこれあれこれ結構な種類があったっけ。
置き場所を思い浮かべ、
あまり大きくなくまぁまぁそれなりに曜日と数字が老眼でも見えるもの。


そこで「おまぬけ」なわたしは、
来年は「戌年」と年賀状作成していたにもかかわらず、
カレンダーを買いに行ったとき、目に付いたカレンダー。
スタンド式。

「このネコちゃん、あまり好みじゃないなぁ。」
「まぁ、出遅れたのかもね。
もっと早く買いにくれば・・・ 残り物になったのか」
って程度にしか思わなかった。

干支のイヌと売り切れの犬のカレンダーとが
頭の中でリンクすることのない「おまぬけ」。

ネコちゃんカレンダーを買ってきました。


家に帰ってネコちゃんカレンダーを見つめて気づいた。
もしかして、もっと早めに言っていたら他の動物もあったのかも。って。
もしかして、イヌとかウサギとかあったのかな って。


ほかの動物があるなんて思いもしなかったσ(*^▽^*)わ・た・し・・・・・

「まぁ、しかたないか。コロンうさこがほしかったけれどさぁ」

「イヌ川柳」カレンダーは毎年出ているし・・・
  (今年目に付いたのは犬猫の名言集カレンダー)
コロンがいた頃。プレゼントしてもらった
ポストカードが冊子になった「犬川柳集」

 「犬川柳」ポストカード冊子をもらった思い出に浸ってしまって話がそれた。


まぁ、とにもかくにも、

やけに来年のカレンダーは犬が多いなぁ。と、ここでも『おまぬけ』ぶり。
干支だよ、干支なんだよ。2018年は「戌年」なんだよ!!
そんな「おまぬけ」のわたしに

      うさぎグッズ・・・・

「うさぎのカレンダー」が目に留まったの。って。
うさぎカレンダーをいただいた。

( ̄、 ̄=)へっ!!
やっぱり、ほかの動物もあったんだ。
いや、でもこれは百均ショップで購入できるかどうかはわからない。
ネットショッピングだって言ってたから。

いっつもありがとうね。
記憶があいまいで、ブログの整理も乱雑で、ネタとしてUPしたかどうかも不明。
再登場だったらご勘弁を。
     うさぎグッズ
ペットボトルカバー。
タオル地の柔らかな手触り。
ロップイヤーうさぎだけれどね。
可愛いうさぎって選んでくれたんだよね、きっと。
テモテ―ポーズがかわいい❤❤


後姿もしっかりプリントしてあって、
ふっくらお尻にポンポンのようなしっぽ




干支なんてなぁ~んも考えなしに、
ネコカレンダーを買い求めてきたけれど、
まぁ、いいかって・・・・

2011.1.28 16:25
コロンちゃんがいないじゃないの    って、うさこがつぶやいている。

・・・・・・・様な気がするので、
ツーショットならぬスリーショットといきましょうかね。




 
  

2017年10月31日火曜日

グッズ

「出先でうさぎのグッズを目にすると、あなたを思い出すの」って、

可愛いうさぎの小物をお土産に買ってきてくれる友達がいる。

うさこがいたときはそんなにうさこの話はしていなかったんだけれどね。

うさこと名付けたうさぎを飼っている」ってことくらいしか
知らなかったはず。

そして「うさこが逝っちゃった」「悪性腫瘍で逝っちゃった」
「13年近く同居していた」って
いう、大まかなことだけ知っていたはず。

うさこが逝ってから随分気落ちしたってこともね。
うさこ」のブログの事なんか知らない。

それでも、
わたしが楽しんでいたうさことの生活のあれこれを
イメージしていたらしく、
うさこが逝ってからのわたしの気落ちを察してくれて、
未だに「うさぎグッズを見かけるとあなたを思い出す」って。
そして、ほらね、






    水色の缶は「静岡茶」が入っている。
     『ぐり茶』 というのは初めて。


 
足遊び・・・飛んだっけ♪ 2009.8.92010.6.5
 
 
 
   


☆頂いたコメントの返信

*チャッピー姫様のちろさん(うーさん)へ
                                  うさぎさんへ
 覚えていてくださってありがとうございます。

 チャッピーお姫様も、よく頑張りましたね。
 うさこと同じく子宮疾患やらなんやら。
 今はまだ思い出いっぱいでおつらいときでしょう。
 「思い出してやるのが供養だ」と、わたしは今でも時々ウルウルしています。
 最期はきっとのうーさんのぬくもりのそばへ、
 「バイバイ、ありがとう。お月様へ帰るね」って、ご挨拶に来たんだと思います。
 9年7か月の兎生、きっと楽しかったことでしょう。
 
 寒さ本番です。お体にお気をつけてください。
 チャッピー姫様の思い出話・兄弟うさぎさんのお話を読ませてもらいますね。
   (2018.1.10 5:11 追記)

2017年9月19日火曜日

わがふりはどうなんだろう?

ひさぁ~びさに、
ほんとに久々に?????
会ったのは久々????

わたしの記憶では一ヶ月ほど前に、
それより以前には「あの日」以後には何回か会っている。
そして、その会った時の会話の中で話題になっていたはず。

「うさこちゃんは元気?」って聞いてきた。

元気だったらどんなにいいか。
今、手を伸ばしたら、あのフワフワの温かい体に触れることができたらどんなにいいか。

「(前に言ったよね・・・)」って言葉呑込んで、
わたしの口から出た言葉は「逝っちゃったの。もう二夏過ぎたわ」。

他人様のこと言えない。
わたしもきっと、人の話は案外と右から左に聞き流しているのかも。

自分にとっては日常においてとっても重大なことでも、
他人様にとってはあくまで「他人事」。

わたしを含めて、その場の話のつなぎで聞いてきたってこと多いから。




2009.2.6 4:47
   毛並みもきれい。
   お目目もきれい。



2009.2.6 9:03




2011.3.15  15:16
まつ毛の長い真ん丸お目目。つぶらな瞳に
  ❤ ❤

メロメロな日々・・・・・でした。



  

2017年8月30日水曜日

なぁむ 南無・・・うさこ

 
                 インターネット霊園「HEAVEN’S PET」様より


うさこからのメッセージを聞きました。





   おやまぁ・・・・「明けない夜はないよ あさはすぐそこだよ」って。

今一度お花供えてみよう。
  次のメッセージも


     Mrs.Coron 様の親愛なるペット

        うさこ ここに安らかに眠る



     うさこ からのメッセージを送るね

      「たまにはゆっくり休んでね 」


     うん、わかったよ。
     母、ちょっと疲れている・・・・実感確かにあり。



  

2017年7月23日日曜日

懐かしのポーズ・・・「脱臼うさぎ」

暑い暑い日が続いています。
暑い日になると思いだすのが・・・こちら
どうしてもなじめずにお蔵入りした「冷え冷えボード」
    「怪力女ここにあり!!」

そして、リラックスモードのUSAKOさん。


2009.8.1 19:46



2009.8.6  14:24


2009.8.17 16:55     
  完全に脱力。



おまけ 
        2009.9.16 17:29 
 
いっときも時間の無駄をしないとばかりに同時進行のUSAKOさん。

うん?  そんなことなぁ~んも考えてなかったのかもね。
  
         




2007.9.29 15:40



2008.10.4 9:42

 
    2011.6.26 19:46
 



全く手もかけない、敷地の隅っこ。
今年は「青紫蘇」が豊作。
ほらこんなに大きな青紫蘇の葉。

さぁさ、どうぞ。
遠慮せずお食べなさいな。
食べ過ぎよ、USAKOさん。なんて言わないからさ。



お下がり    
        てんぷぅ~ら になりました。 (〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ




暑さはまだまだこれから本番。
   少しでも涼しく過ごせるように・・・・


そしてまだ大雨のところもあります。
  体調も安全もお気を付け下さい。




                 
 
 
 
お気に召しましたらお帰りにポチポチとお願いしますねm(__)m
               


☆頂いたコメントの返信

*チーママさんへ
 わたしの人生において、「最後の」だったからいつまでも思い出に
 かじりついているのかなぁ・・・なんて。
 コロン(犬)のほうが同居年数は長かったのにね。
 本当にねぇ、兎を目にするとついつい「USAKOの面影」を重ねてみるのですが、
 あの子の顔じゃないって、見分け付きますものね。
 シミちゃんの様にはっきりした鉢割れは見ないですものねぇ。
 うさこもね、獣医さんが描いてくれた似顔絵で
 「うさこちゃんは鼻の模様に特徴があるのね」って。
 それにしても、なんとなしに
 あの子の重さと撫でまわしたあの毛触りがやけに恋しいときがあります。

    (2017.8.1 6:38  追記)