2009年4月7日火曜日

「脱臼うさぎ」その86 はぐれ白鳥とお嬢様

早朝、日課の朝歩きに出ました。




いつものところに来ると・・・・???・・・

あれは「鷺(サギ)?・・いいえ、もしかしてもしかして、

朱鷺(トキ)だったりして・・」と半信半疑。鷺(サギ)でも
朱鷺(トキ)でもない!紛れもない白鳥!!


たった一羽。用水路をスイスイ泳いでいます。
あらまぁビックリ!!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

               
急いでを取りに家に戻りました。
用水路に戻ってみると、まだ居ます「はぐれ白鳥」が。
まだまだ子供のようです。首の辺りが灰色っぽいのです。

                    
「シベリア」へ帰る一団にはぐれたのか、なんらの支障があって
おいていかれたのか?とっくの前に親は帰っているはず。

体力が無理だったのかなぁとか、白鳥に収めながら

あれこれ思いをめぐらしました。でも結局のところ
「はぐれ白鳥」の事情は分かりません。
川岸に寄って 構えても、おびえて逃げ出すということもなく、

かなり白鳥のほうで近づいてきました。
         
「はぐれ白鳥」(勝手につけちゃいましたが、気を悪くするかしら)
の泳ぐ姿、水面を走る姿をどうぞ。
(少々画面から外れた箇所がありますが)

video
 (音声は かなり迫力ありますから、PCの音量調整をなさって

是非に鳴き声と羽ばたきを、お聞きになってください。)













おかあさまぁ!今日はわたしのことではないの?

「ごめんなさい、お嬢様。一緒に白鳥さんの画像を見てみましょう」

お嬢様は自分のことでない今日のお話に、ご機嫌斜め!

だって、わたしのことを書いているんでしょ、おかぁさまは?
「いいじゃないの、たまには特別号で」となだめたのですが・・・。

「脱臼うさぎ」はすねてふてくされてしまいました。


「大丈夫よ!大事なかわいい嬢様のこと、忘れていませんよ!」
ほんと?ほんとに?わぁ~い!わぁ~い!







ブログランキング参加中。
お帰りにカチッ、カチッと押して行って下さいなm(__)m



0 件のコメント: